上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
こんにちは

朗読劇から一週間経ってしまいました。
ねちねち感想を書きたかったんですが、忙しくてパソコンを触れないでいるうちにあっという間に時間が過ぎてしまいました。
一週間経った今でもアンフィシアターのあの空気感を思い出します。

本当に凄く良かったので、観に行けなかった人は是非DVDで!!→予約受付中!(特典付★)
生の魅力にはどうしても劣るとは思いますが、DVDの売れ行き次第で再演とか続編?番外編?とかあるんじゃないかな、とか…期待(´ω`*)
作家の藤沢さんも三部作のようなことを言ってましたし…!



そんなわけで今更ですが感想を★
ネタバレあるのでつづきからどうぞ!




余談ですが、次は9月末の夏目友人帳の朗読劇に行けることになりました♪
夏目大好きなので嬉しい!
そして夏目は朗読劇に凄く合ってそうなので楽しみですvv
昼の部しか取れなかったので、夜の部は一般を頑張ってみようと思います。
行けるといいな…!
2013.6.22~23『MARS RED』@舞浜アンフィシアター

moblog_1801b4b0.jpg


今回の公演は、朗読自体は勿論、生の演奏が聞けるということでかなり楽しみにしていたんですが、もう期待以上でした!!



物語の舞台は大正時代、日本が軍事兵器としてヴァンパイアを使おうとするという…


大正時代の軍人ということで、男性キャストの方々が軍服姿で登場して、それだけでもテンションが上がったんですが(笑)
鈴が演じたヴァンパイア、スワさんがもう凄くよくて!!
途中の休憩と終演後、友達と大騒ぎしてしまいました(笑)

因みに女性キャストは美波さんが袴姿、沢城さんがロシア?の民族衣装っぽい姿でした
袴がはいからさんみたいで可愛かった~vv

沢城さんはメインの役の他に兼役でいくつか演じてらして、それぞれがそれぞれに素晴らしかったです!
花魁さんとか…!
本当に多彩な方だな~とv

今回の朗読は俳優さんと声優さんとが混在していたんですが、お互いがお互いを引っ張るように、話が進んでいくにつれてどんどん演技が良くなっていっていて観ごたえがありました。

小杉さんは山上さんをちょっと剽軽に、でも決めるところはしっかり決めて演じられていてさすがだな、と
特に最後の前田さんとのシーンが本当に良くて、泣いてしまいそうでした(><)
剽軽なところは素の小杉さんが出てるんじゃないか…とちょっと思ってしまいましたが(笑)

広樹はかなり年齢高めの役だったので最初「誰!?」って思ってしまったんですが(^^;
最後の方のシーンはかなりの迫力で、観ていて圧倒されてしまいました。

あと、生で観て感動したのが鈴のマイクの使い方!
遠くから叫ぶところや離れていくところでマイクをオフにして(マイクと違う方に声を飛ばして)地声で叫んで距離感を出したりしているところを実際に観てみて、やっぱりプロって凄いな~と感心してしまいました。
……小学生みたいな感想で恐縮ですが(笑)

そして個人的にツボだったのが、タケウチ役の石田さんが椅子に座るときに白衣(タケウチは軍人じゃなくて化学者なので軍服じゃなくて白衣着用なのです)をひらっと後ろにやってから座る仕草v
一人で内心ひゃっ!ってなってました(笑)
タケウチは飄々としているんですが、それが石田さんの演技で更に雰囲気が増していて
彼はいろいろ謎ですが、とりあえず納豆と備長炭に全幅の信頼を置いているんだろうな、とw


会場も元々シルクドソレイユの上演のために作られた劇場ということもあって、ワイヤーアクションやら炎やら風やら、色々な演出がされて面白かったです。

何よりそれらを生で体感できるという贅沢さ!
生だからこそ、見えない呼吸みたいなものも感じられるし、演者の方々全てがそれをそれぞれに感じ取って呼吸を合わせていっているのが感じられて、こういうところはやっぱり生ならではだな、と思いました。

楽器も歌声も朗読も、全部が直接身体に響き渡ってきて終始ぞくぞくしっぱなしの3時間でした。
熱量が直接ぶつかってくる感じというか…


千秋楽はカーテンコールで1曲生演奏があったりして、それもまた楽しい♪
キャストも含めてみんなで歌って踊って会場が一つになっている感じがしました。

スワさんは鈴の他にワイヤーアクション担当の人がいたんですが、千秋楽のカーテンコールでスワさんが上から登場してきた時にそっちのスワさんに向かって鈴が手を振ってたのが可愛かったです(*´m`)


後から知ったんですが、ちょうど『MARS RED』をやっているあたり、諏訪部さんが喉を痛めて?いたそうで…
当日は薬の効果もあってか周りがビックリするほど通常通りの声が出たそうですが、そんな状態な中リハから千秋楽まで演じきって、観ている私たちにそれを全く感じさせないところにプロ根性を見ました。
諏訪部さん、お疲れ様でした!
素敵な前田さんをありがとうございました!
山上さんとあちらで美味しい天ぷらを食べられるといいですね…!



思いつくままに書き殴ってしまったので読みにくいかと思いますが、とにかく凄く良かったということが伝えたかったのです!
参加できてよかった(^^)
未見の方はぜひぜひDVDをvv笑



最後に…
スワさんがあまりにツボ過ぎて帰りについついラクガキしてしまったのでぺたり。
あくまでラクガキですので、広い心でご覧ください(苦笑)
moblog_016a2ee1.jpg
スポンサーサイト
2013.06.30 / Top↑
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。