上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
CONNECTのPVがオフィシャルにちょっとだけアップされてましたv→こちら★
PVなんだけどライブシーンみたいな映像なので、二人の動きがいつも通りでなんというか…妙に安心(笑)
鈴のあの独特の手振りとかやっぱり健在なんだなあって。

そして「アニメロミックス」にて『CONNECT』と『ヒカリ』の着うた配信も始まってますね~
ダウンロード特典でそれぞれ待受画像がもらえますよv
カレンダーと似たような写真ですが
前に超ラジで聴いた『キミの歌』が凄く良かったので、17日の配信が凄く楽しみです♪




今日は郡山の感想を書きたいと思います

今回の福島行きは勢いに任せて決めたところがなくもないので(迷ってる暇もあまりありませんが)、ぶっちゃけちょっと早まったかな~と思ってたんですが、行ってみたら凄く楽しかったです!
イベントだけじゃなくその後の友達とのあれこれとか含めて、楽しかった!



そんなわけで、まずはイベントの感想から
続きからどうぞ



初めての東北は思ったより近かったです
…感覚がおかしくなってるのかなぁ(笑)




「鈴村健一の超人タイツジャイアント」福島県上陸イベント 続・思い出のヒーローソング集発売記念トークショー in郡山

会場入口で座席の抽選
私たちはちょっと遅めの時間に行ったので、最後の方のブロックの番号しかなかったっぽく、みんな番号が近かったです
…といっても50番くらいの範囲でばらつきがあったのに、実際席についてみると2箇所くらいにはわかれたものの、かなり固まってて爆笑
ミラクル!(笑)

因みに、会場は会議室みたいなところで長机と椅子、正面に教卓とホワイトボードがあります


まずメガネが登場
パーマかけてました、メガネが。
鈴いわく、「2日くらい前にあった時はまださらっさらのストレートだった」のに、今日会ったらパーマになってたらしい(笑)

そんなメガネの呼びかけで鈴村教授登場

鈴は白衣にメガネの教授スタイル
そして教科書(続・思い出のヒーローソング集のブックレット)を元に郡山恒例のヒーロー講義開始

CDは傷つけそうだし邪魔なので持ってこなかったので、記憶を頼りに…と思ってたら、親切な隣の人が見せてくれましたv
ここ絶対見てないと思いますが、ありがとうございました!!

因みに、
「(教科書を)持ってきてなかったら帰りに大変なことになる(←打ち首獄門、だったかな?何か危険なことを言ってた・笑)から気をつけてください。…気をつけたら大丈夫ですからね(笑)」
みたいなことを言ってました

気をつければ大丈夫なんだ(笑)


そんなわけで教科書を見ながらさくさくとオチのない(笑)講義

・『パンサー皇子のお通りだ』
アルバムの中で唯一鈴が歌っていない曲
「いつ(鈴が)出てくるのかな?いつかな~?って出てこんのかいっ!」
っていうのがやりたかったそうです(笑)
「騙された人ー?(挙手)」
って問いかけにほとんどの人が無反応
それに対して「そんなもん!?」って凄くがっかり(?)してましたが、手を挙げそびれたけど私もびっくりしました

途中で『覚醒パンサー皇子』に出てくるライバルキャラ『インパラ・トム』の絵を描くことに。
まず会場に向かって「描ける人~?」って聞いて、手を挙げてくれた1人とそれぞれ描きあうことになりました
どちらも秀逸(笑)
でも、教授が自分の絵の説明をする前に時間切れで講義終了
因みに鈴村教授のイラストはこれ↓
インパル・トム


続いてヒーローセンター試験
問題は全部で4問
名前とか細かいところはうろ覚えですが、大体こんな雰囲気だったかと…↓

問1 アジシオコイメーダに対抗して政府が作った組織は『○○戦隊○○』
   ○の部分を埋めなさい
問2 幼稚園襲撃に失敗した工作員たち。次の作戦は?
問3 ヒーローの正体は絶対秘密。もし知られた場合、どんな大変なことが起こるのか?
問4 ナマズマン第5話のストーリーを考えなさい。
   (確か、『斎藤の初恋』とか『カラアゲ』とか『ナマズマン最後の日』とかそんな感じのキーワードがあったような…)

制限時間は8分(短っ!)

初めて挑戦しましたが、難しい~!
しかも、回答中に鈴が試験官の様に客席をぐるぐる回るので、気が散っちゃって(苦笑)
結局大した答えを書けませんでした

こういうのやってみると鈴のアドリブ力って凄いんだな~と思います
…出来はどうあれ、とりあえず何か答えられるのはスゴイよね(笑)


タケシの採点中に質問コーナー

☆兄がインド出張から無事帰ってきました
 きっとインドマンのおかげだと思います
ということでインドマンについての話
インドマンは前の晩(?1週間とかだっけ??)からことこと煮込んだカレーの入った寸胴鍋を持って闘うらしいです
しかも、ここぞ!という時に中のカレーを捨ててその寸胴で殴るとか(笑)

☆ブックレットに誤植を見つけたんですが…
『泣きじゃくれ!剛神ズグーダー』の歌詞
×『出勤』
○『出動』
「ちゃんとチェックしたのに~!」ってショックを受ける鈴
完全に見落としだったみたいです
「(小声で)内緒な…!」って言ってました(笑)

因みに、もう1つ鈴も見つけてた誤植はあとがきの部分
×『’80年代の華やかに~』
○『’70年代の華やかに~』
これは私も気付いて疑問に思ってたので、訂正してもらえてすっきり。

因みに、鈴の書いた原稿はちゃんと『’70年代』になってるらしく、誤植は原稿におこしたメガネの別人格のせいらしいです(笑)


そして採点結果
解答に対して鈴が1人芝居をしたりして楽しかったんですが、今回は採点時間も短かったので、更に面白いネタとかがあったんじゃないかな~とか思ったり。
時間的に全部はチェックできてないのかな、とちょっと思ってしまいました…



最後はエンディングテーマ(?)とともに鈴退場
最後の最後まで「バイバイ!!」って言ってました

あ、退場前に白衣の下に着てたTシャツを見せてくれたんですが、それが『コオリヤマン』(?)というご当地ヒーロー(多分)
どこで手に入れたんだろう…(笑)


いつもの郡山イベントでは公録をやってたみたいなので今回も絶対あると思ってたのに、あっさりイベント終了でちょっと拍子抜け。
↑最初1つひとつのコーナーが短いのも公録の時間のためかな~?と思ってた
40~50分くらいのイベントでした
久しぶりに鈴を見られたし楽しかったんですが、過去2回の郡山イベントの感想を友達から聞いてたのもあってちょっと物足りない印象でした
次があるならば次こそはもうちょっと内容が充実してるといいな…




余談ですが。
会場(集会室)の入り口に何かの箱(?)があって、多分それを隠すためにだと思うんですがそれに鈴のポスターが巻かれてまして…↓
箱

隠すにしても、もっといい巻き方があったんじゃないかと友達と爆笑してしまいました(笑)
スポンサーサイト
2009.04.12 / Top↑
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。