上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
昨日は睡魔に負けて小学生…いや、幼稚園児か!ってくらいの時間に寝てしまいました(汗)
そして今日は寝すぎて腰が痛いです

気を取り直してイベントレポのつづきいきます。
今日で全部アップします!



では、土曜の2部いきます
つづきからどうぞ。

微妙にスケジュールがあいませんでした・SAKURAI 2部
出演:鈴村健一・岩田光央



大まかな流れは1部と一緒なので割愛。

2部の設定・服装は

鈴→余命1日で病院を抜け出してきた入院患者。
超ネガティブ思考
(ことあるごとに「どうせ僕なんて~」とか「やっぱりもうすぐ死ぬんだ~」みたいなこと言ってた)
服装は白地に青(水色?)のチェックのちょっとぶかぶかな感じのパジャマとスリッパ。
左手を三角巾で吊って頭(額)には包帯、目の下には真黒なクマ。
因みに病気と怪我(三角巾とか包帯とか)は無関係らしい(笑)
名前は田中ちゃん
今21歳で10歳の頃から入院生活

みっちゃん→自称・音楽プロデューサー(胡散臭い・笑)
服装は胸元まで前を開けたシャツに緑(とかだったと思う…)のパンツ、裸足に革靴。サングラス。
名前は西園寺
7人くらいの彼女がいる
最後の日は4番目の女と過ごす予定だった(実は4番目を1番愛しているらしい)


鈴は1部が『動』、2部が『静』、って印象。
2部では病人ってのもあるのか、大体淡々と喋ってました。
みっちゃんはどっちも『動』。
そしてどっちも若干(?)ナルシスト気味(笑)


以下印象に残ってるシーンをいくつか。
時間軸はバラバラです
あと、細かいセリフも違うと思うので、雰囲気で感じてください


タバコ↓

どうしようもない状況に落ち着こうとして(?)みっちゃんがタバコを吸おうとする
岩「一本しか入ってねえのか…」
鈴「(わざとらしく)ごほっ、ゲホ、ゲホ」(←かなりしつこく)
岩「ああ、ごめんごめん」
岩「(タバコをしまいながら小声で)何だよ、タバコも吸えねえのかよ…」
鈴「ごほごほっ」

ここのやり取りが絶妙で好きです(笑)
そして相手が病人だからかもだけど、ちゃんとしまってあげるみっちゃん(西園寺)優しい。


名前に関するアレコレ↓

岩「おまえさあ…」
鈴「『田中』です」
岩「田中ちゃんさあ…」
鈴「”ちゃん”はやめてください」
岩「(困って)田中……」
鈴「”ちゃん”でいいです」

何がしたいの(笑)

岩「俺『西園寺』っつーんだけどさあ」
鈴「あー、見たまんまですねー」
岩「そう?ありがとう(嬉しそう)」
鈴「(目をあわさずに)褒めてないですけどねー」

田中ちゃん黒いなあ(笑)


お腹が空いた↓

鈴「西園寺さん、お腹が空きましたー。何か食べたいです。パン以外で。
(※リビングのテーブルにはパンが置いてあるが、日が経っていてカピカピ。)
その後みっちゃんが電話をしながら(だったかな)テーブルのパンを食べる
鈴「何で食べちゃうんですかぁー。僕だってパン食べたかったのにー(泣)」
みっちゃんが食べかけのパンをちぎって鈴の口に突っ込む
鈴「おいしくないですー(泣)」

ただの駄々っ子(笑)
でも、このあと、みっちゃんの見てないところで
「パンも結構美味しいですねえ」
ってにやりとしてた。
やっぱりこの子腹黒い!(笑)

あと、別の部屋からバナナ一房といわしの缶詰を見つけてきて、バナナを一人で一気食いしてました。
めっちゃ目が据わってた(笑)
途中誤ってちょっと床に落としちゃったんですが、それをみっちゃんが「食べ物は粗末にしちゃいけない」みたいなことを言って食べてました。
男らしい…けど、衛生的に大丈夫なのか心配(汗)

バナナのあとにいわしの缶詰を手で食べてたんですが、一口食べてめっちゃいい笑顔で
「これは美味しいですねえv」
って言ってる鈴の顔が本当に可愛くてきゅんとしたvv
鈴の満面の笑みはやばいです。
あと、手づかみだから食べた後に指をしゃぶってるんですが、これが…エロい?可愛い??
とにかくやばかったです(笑)


田中ちゃんの余命↓

どうせ今日死んでしまうからと警察やら何やらへの連絡に乗り気じゃない鈴に対してみっちゃんが何とか元気付けようとするシーン
ここのアンケートの引きが神懸かってました

鈴「どうせ僕なんかもう死んじゃうんだあー!」
岩「そんなことない!そんなことないよ、田中ちゃん。えーと(紙を引いて)『もう無理じゃね?』」
鈴「やっぱりー!!(泣)」
岩「違う!逆説的なことを言って励まそうとして間違えてそのまま言っちゃっただけで(←フォローになってない。笑)…そうじゃなくて、(もう一枚引いて)『なるようにしかならない』」
この引きの強さにはみっちゃんも思わず苦笑(笑)


勘違い↓

鈴が引いた紙で『髭男爵』っていうのがあったんですが、これをみっちゃんが『ヒゲダンス』と勘違い(笑)
ヒゲダンス踊ってました
鈴も首を大きく振って否定し、客席からも「えー」の声が。
みっちゃんは髭男爵さんを知らなかったみたいです(苦笑)

あと、『ものもらいができた』っていうのもあって、そこでみっちゃんが
「大丈夫か、田中ちゃん(※鈴の役名)!」って言いながら、何故か足を掴む
魚の目と勘違いしたらしいです(笑)
最初意味がわからなくて鈴も会場もぽかんとしてました。
ちょっと鈴のツッコミが素でしたからね(笑)


あとはみっちゃんの携帯が鳴っちゃったり(着メロがピタゴ●スイッチ)、携帯でネットに接続させようとして(圏外だから無理だって鈴に何度も言われてるのにイマイチ理解してないっぽい・笑)間違えてアプリ(因みにマージャン)起動させちゃったり(笑)
弱っていく鈴を館の主(死人)をどけてベッドに寝せようとしたり。



そんなこんなですが、最後の最後はまだ残り5分くらいあるハズなのに、まさかの田中ちゃんのリタイア(絶命)
鈴自身もまさか自分が死んじゃうとは思わなかっただろうなー(笑)

でもこの辺の演技がかなり良くて。
最後に彼女に電話が繋がって、
「そっちに行けなくてごめんね。でも最後に凄く親切な人に会えたんだよ。よかった。ありがとう」
みたいなことを言って、ずっとみっちゃんにむかって「ありがとう」って言いながら息絶えてしまうんです。
呼吸も苦しそうな状態で声もだんだんかすれてきて。
みっちゃんも何度も鈴の名前を呼んで、その呼び方もどんどん力強くなってきて
息を引き取ったのを確認して、ソファに寝せてあげた後に、みっちゃんが鈴に向かって「俺一人になっちまったじゃねぇか…」と言ってたのも切なかった(泣)
最後はみっちゃんの彼女(7人いるうちの4番目・笑)にも電話が繋がって会話。
1部は繋がってすぐに暗転しちゃったけど、2部は会話が結構長かったです
(やっぱり鈴が死んじゃうのが早すぎたんだと…笑)
みっちゃんの会話も凄く男らしくてかっこよくて。
声も優しいから余計にかっこいいんですよvv

ここのシーンは本当に感動的で、必死に涙をこらえてました
でも、鈴の荒い呼吸がちょっと喘ぎ声みたいに聞こえてやばかった(笑)



2部はこんな感じです。

あ、1部でも2部でも地球滅亡に対して鈴が「やだー」とか「いやだよー」って叫ぶシーンがあったんですが、これがかなり可愛かったです!


最後の挨拶では何言ってたかな?
あ、1部の最後の挨拶では、2人で握手して堅く抱き合ってて感動しました。
やりきったー!ってのが伝わってきて。


凄く充実した気分で帰ってたら帰りに「さくらい」っていう名前のラーメン屋さんを発見!(笑)
タイムリーだし!って入ろうと思ったら営業時間が終了してました(泣)
なので翌日に行くことに。

そんなわけで1日目はここで終了です。
読んでくださった方、ありがとうございました!
スポンサーサイト
2008.05.29 / Top↑
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。